多くの人が実践、不動産投資信託などの副収入を得る方法

簡単なやり方で効率的に資産運用をする

空室の恐怖

一括借り上げの特徴を知っておこう

新築マンションを購入した不動産投資が一番恐れていることは、もしかしたら空室が出ることかもしれません。空室が出ることで、収益が下がります。ほんのわずかの空室ならいいかもしれませんが、多くの部屋が空室になると赤字になってしまう可能性があります。 そのようなリスクを負うぐらいならば、新築マンションはこうにゅうしたくないと思うのが普通です。 ですが、もし、新築マンションの空室分の家賃を保証してくれるとしたら、投資家は喜んで新築マンションを購入するかもしれません。 その制度が30年一括借り上げです。30年間は空室が出ても、不動産会社がその空室分の家賃を保証してくれるのです。投資家にとっては赤字知らずの保証ですが、本当にそのようなうまい話があるのでしょうか。

意外な家賃保証の落とし穴

一括借り上げについてよく調べてみると、2年から3年おきに家賃保証額の改定がある旨、書かれていることがあります。実はこの家賃保証額の改定の改定こそが30年一括借り上げについて詳しく知らない投資家の首を絞めるきっかけとなります。 家賃が2年から3年おきに改定する必要がある理由は、新築マンションでも時間が経過するほど家賃が下がってくるのです。これは当然と言えば当然です。しかも空室は増える一方です。年々空室が増え続けた時に保証されている家賃の額が下がり続けたとしたらどうなるでしょうか。 最初はなかなか気が付かないのですが、時間が経過するとともに「これで本当に収益になるのだろうか」とい気が付くのです。一括借り上げを利用する場合にで、できるだけ空室が出ないように対策を考えておきましょう。