多くの人が実践、不動産投資信託などの副収入を得る方法

簡単なやり方で効率的に資産運用をする

管理の重要性

賃貸経営の副業化の動きと管理委託

以前は賃貸経営はそれを本業として行う人が多い傾向がありました。裕福な人は多くの土地を持っていて、それを活用する方法として需要の高い賃貸マンションを建てて経営するということで十分に生計を立てていくことができたからです。 今日でもそういった形で賃貸経営をするオーナーがいる一方で、資産運用の形として賃貸経営をする傾向が強まってきています。アパートやマンション等を購入して賃貸経営をすることによってその家賃収入を得るとともに、その不動産そのものを手に入れて資産とするというアプローチです。 そういった傾向の強さから、本業ではなく副業として賃貸経営をする傾向が強まり、その管理負担を軽減するために管理委託を行うのが一般的になってきています。

管理委託の方法とサブリース契約の利用

副業として賃貸経営を行うためには日常的に必要となる業務を委託してしまって軽減しなければ立ち行かないことは多々あります。不動産の共有部分の清掃やトラブル対応等がそれに該当し、こういった管理業務のうち負担となるものを選んで不動産会社や管理業者に依頼して委託するのが典型的となっています。 一方、空室対策もまた大きな課題となることから、それも合わせて一括して不動産会社等に委託してしまうことも多くなってきています。サブリース契約によって不動産ごと借り上げてもらうことにより、賃貸経営に関わる一切の業務を全て委託してしまうことができます。これによって管理負担を受けることなく賃貸経営を行って資産運用を行って行くことができるのです。